FC2ブログ

ドラマ 『ビッグ・リトル・ライズ』

big little lies



(※ネタバレあります)

amazonプライムで視聴。全7話。
サイコーに面白かったです!

一回目から、殺人が起こったらしい描写があるのですが、
一体誰が殺されたのか、最終回までわかりません。

セレブなママ友たちのドラマ、というから
ギスギスした感じかと構えて観ていて、
最初はちょっとそういう感じだったんですが、
だんだん違う方向に…

終わってみれば女性の友情の話でした。
伏線が最終回に向かって収束していく感じがたまりません!
結末も暴力夫が死んで良かったなあ、と思える。

リース・ウィザースプーン演じるマデリンは、
猪突猛進でおしゃべりでお節介で…と
苦手なタイプだな、と思ってみてたんですが、
率直で、友人のことはとことん守ろうとする、
仁義に厚い女性でした。
不倫のエピソードは要らなかったかな。

ニコール・キッドマン演じるセレステは、
一見完璧な生活をしているようで、実は夫のDVに悩んでいる。
元弁護士の知的な女性なのに、DVを受けていることを認められない、
自分の責任もあると思おうとしている(典型的な共依存)のが切ない。
相談していた女性カウンセラーが危機介入してくれて
自分から行動が起こすことができ、
暴力の連鎖に気づけて良かった。

シングルマザーのジェーンが過去のトラウマに悩みながら
懸命に子育てをしている姿が健気でした。

ヒステリックで嫌味なレナータも最後は自分の非を認めて
潔かったなあ。

女性たちに比べて男性たちは情けない。
ペリーはもう言語道断だし、ネイサンも頼りなくて嫌な男。
エドは優しい人みたいだけど。

観終わって検索してみると、
リース・ウィザースプーンとニコール・キッドマンが
制作に関わってるんですね。
原作も女性だし、それで女性目線のドラマになってるんだな。

原作はこちら;
ささやかで大きな嘘




スポンサーサイト

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ