スターズ・オン・アイス2018 横浜公演

4/6、スターズ・オン・アイス横浜公演に行ってきました。
とりあえず印象に残ったことだけ。

お客さん、かなり入ってました。
昔、真央ちゃんの出ないSOIですごく寂しい客席を経験したことがあるので、
ちょっと安心。
でもスケ連がこれで危機感を感じなくなるのではと思うと複雑な気分。
個人的には高いアリーナ席はもう買いませんが。

スタンド席1列目だったので、リンク全体が見渡せて良かったです。
(やはり双眼鏡は必須)

まずはしょうまくんが日本人スケーターではひとりだけ
オープニング、男子グループナンバー、フィナーレに出ていて
足の調子もいいんだろうな、と安堵しました。
オープニングで4F跳んでた気がするんですが…
グループナンバーも暖かい雰囲気で好き。

遠い席なので、顔芸とか小手先の表現力は通じません。
シングルの選手で個人的に「観ていて心地よい滑り」だったのは5人。

田中君 やはり生で見ると華があってリンクが狭く感じる。
舞依ちゃん すいすい滑って清涼感が半端ない。
オズモンド ジャンプも迫力があるし滑りも綺麗。スタイル抜群。
Pさん いくつもの弧を描いて滑る足元からマイナスイオンが出てる。力の抜けた感じのプロでいつまでも見ていたい。
しょうま 氷に吸い付くような滑り。かっこいい。

テサモエのキレッキレの演技、楽しかった。

トリはプルシェンコ。
この人の圧倒的な存在感は何でしょう。
何度も観たプロでも「使い回し感」なし。滑りが大きいし、サービス精神満点。

今日は特別ゲストに小平さんと高木美帆さん。
2人共、凛々しくてかっこいいです。
スタートダッシュやパシュートのレクチャー、楽しかった。



しばらく前ですがやっとこれが届きました。

20180407103258e80.jpeg




にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ