FC2ブログ

深木章子 『消えた断章』

きえただんしょう


やはりこの作者の新作は読まないと!

誘拐ものだけど、いきなりの展開。

この題名だし、作中でクリスティの作品について言及されているしで、
「語られない」パートがあって、それが最後に語られることによって
真実がガラッと反転する…みたいな展開かと思ったけど、
そうではなかったな。
面白く読めたし、真相はなかなか衝撃的ではありましたが、
若干すっきりしない。

『交換殺人はいかが? じいじと樹来とミステリー』に
出てきた樹来君が探偵役で登場。
しかも大学生になっていることに驚き。
樹来君、卒業後は大丈夫なの?とか心配してしまいましたが、
検索していたら、作者の息子さんのブログを発見!
樹来君のモデルは息子さんとのこと、
その息子さんは今弁護士をされているようなので、
妙に?安心したのでした。

息子さんはお母さんが小説を書いているのを知らず、
賞をとってびっくりされたとのこと。
子育てを終え、60歳で弁護士の仕事をリタイアしてから
小説を書き始めたってやっぱりすごい方なんだな。
デビュー後もコンスタントに書いてらっしゃるのも素晴らしい。




にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ