FC2ブログ

舞台 『TERROR テロ』

terror.jpg


猫の華の調子が良くありません。
つい「猫 看取り」とか検索してしまって、
ひとりで疲弊してしまって…
今できることをやるしかないのに。
昨日はずっと華の傍にいたら、
ウザかったのかよそにいってしまいました。
いつもと同じでいる方がいいですね。

とりあえず舞台の感想を。
1/24に舞台『TERROR テロ』@紀伊國屋サザンシアター
に行ってきました。
父が逝った前日。
観に行かせてくれたんだなあ、と感じます。

STORY
2013年7月26日、ドイツ上空で民間旅客機がハイジャックされた。犯人であるテロリストたちは、7 万人が熱狂しているサッカースタジアムに飛行機を墜落させて多数の命を奪うと共に、世界的なニュースになることを目論んでいた。
しかし、緊急発進したラース・コッホ空軍少佐は、独断でこの旅客機を撃墜する。
乗客 164 名の命を奪って、7万人の観客の命を守った彼は英雄なのか、犯罪者なのか。裁判は民間人が評決に参加する参審裁判に委ねられる。検察官による論告、弁護士による最終弁論を経て、判決は一般の参審員(観客)が決めることとなる。観客の評決によって、無罪と有罪の二通りの結末を持つ衝撃の法廷劇。


俳優さんたちの迫真の演技。
実際に裁判に参加しているような緊張を味わいました。
この日の評決は僅差で「無罪」。
これは被告を裁くというより、
自分たちがどっちを選ぶかという決断を迫られているのだろうと思う。
その時その国が置かれている状況で結果が変わってくるだろう。
私は「無罪」に入れました。
ただ自分がコッホ少佐の立場だったらその決断はできなかっただろうな。
それは単に自分の手を汚す覚悟がないだけなんだけど。




にほんブログ村


観劇 ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント 2件

コメントはまだありません
さくらもち  
観たいメンバー

役者さんの顔触れをみて
これは観たい舞台だなぁ~と思いました
ただ自分もあと2か月で本番のステージを控えて居るので
時間的に厳しいので・・・残念です
劇中裁判の緊迫感がきょうこさんのレビューで伝わりました
人を裁くというのは大変ですよね
市民感情を考慮するための裁判員制度
法的に正しいか?よりも
人としての生き方が問われるのかも知れませんね

五輪が近づきニュースが流れていますが
不思議なほど関心が持てません
ぜったいおうじゃ様のもったいつけたあれこれに
なんだかなぁ~と
彼なら大丈夫とか間に合わせますから!
とかの根拠のない持ち上げ方に辟易します

にゃんこちゃん心配ですね
母のところにいたにゃんこ
普通猫って死に際に居なくなるらしいですが
うちのナナちゃんは一旦いなくなったけど
間際に戻ってきて母が看取ったそうです
以前飼った黒猫ちゃんは居なくなったんですが
先に逝った父が戻してくれたのかしら?
今は虹の向こうで父と仲良くしているかな

2018/02/06 (Tue) 21:02 | 編集 | 返信 |   
きょうこ  
Re: 観たいメンバー

さくらもち さま

とても見ごたえのある舞台でした。
さくらもちさまはご自身も舞台に立たれるんですよね。
私にはとてもできない、凄いことだと思います。

五輪は盛り上がってないですね。
おーじゃの特別扱いにはシラけます。
選手たちが無事に過ごせるよう祈るばかりです。

猫は大分弱ってきているのですが、穏やかに過ごしてほしいなあ。

2018/02/07 (Wed) 08:47 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ