『黒百合』 『世界を売った男』 『猫が見ていた』

くろゆり

多島斗志之『黒百合』 
これはすっかり騙されました。
ミスディレクシェンや思わせぶりな描写が多くて。
ただミステリとしてだけではなく、
14歳の少年少女のみずみずしいひと夏の物語としても楽しめました。




サイモン

陳浩基『世界を売った男』
面白かったです。
やはりこの作者の技巧は凄い。
後味もとても良かった。




ねこがみていた

『猫が見ていた』
アンソロジーですが、内容が薄い。
井上荒野の短編に出てくる女がひたすら不快。
「ベーコン」でも思いましたが…





にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ