FC2ブログ

『死と砂時計』 『燃える地の果てに』

すなどけい


鳥飼否宇 『死と砂時計』

なかなか凝った短編集でした。
この作者は物理トリックが得意かな?
ラストはかなり後味が悪い。



逢坂剛 『燃える地の果てに』

久しぶりに読んだ逢坂剛作品。
最初に読んだ叙述トリック作品は逢坂剛の某短編だったような気がする。
それとも折原一だったかなあ。
(クリスティは除きます)

この作品も最後にどんでん返しがあるというので期待して読みました。
予想よりさらにもう一段捻りがありましたね~。




にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ