FC2ブログ
ミステリ

深木章子 『消人屋敷の殺人』

0 0
しょうじん


面白かったです。

嵐の山荘ものに挑む心意気やよし!

視点が代わるので、○○トリックだろうと予想しながら読んだのに
まんまと騙される。
「嵐のあと」の章に入って、いったい何が起こったのかわからず焦りました。、
最初から読んで表に書かないと頭が整理できなかったのは、
『匣の中の失楽』以来かも。






★ネタバレです





犯罪自体は単純なんだけど、
現在と過去の出来事を同時間のことのように書いている上に
人物の誤認、性別の誤認などもあるので、ややこしくなって騙される。
超絶技巧でございます。



●現在パートで、司目線パートと見せかけて実は中島目線。
真由里パートでは、新城誠と真由里に対し、平井が深山のふりをしている。



●過去パートで真由里視点パートと見せかけて実は淳也目線。
(新城‐幸田ペアが現在と過去で2組いる)



違和感が重なっていたのが、最後に解決するという、
叙述トリックの醍醐味を楽しめました。



ただひとつ気になる点が…
司目線の過去パートで、
お互いが「新城」「幸田」と呼び合っている会話を聞いているのですが、
司はその二人を深山と西条だと思っていたのだから、不審に思うはずでは?


あとラストはいらなかったかな、と個人的には思いました。





にほんブログ村



スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply