深木章子 『ミネルヴァの報復』 『交換殺人はいかが? じいじと樹来(じゅらい)とミステリー』

みねるヴぁ

引き続き深木章子です。

『ミネルヴァの報復』は一応睦月怜シリーズになるのかな?
犯罪が二段構えで面白かったです。
作者が元弁護士だけあって、殺人現場の弁護士会館の描写や
弁護士の業務部分にリアリティーがありました。
睦月怜が沈着冷静(怜悧とさえ思える)なのと対照的に、
横手弁護士は感情で動いてしまうタイプ。
(この作者のこういう人物描写は珍しい)
共感したり、それはやっちゃだめでしょと思ったり、
応援する気持ちで読んでいたので、結末は苦かったです。
今後睦月怜の内面が描かれることはあるのかな?


『交換殺人はいかが? じいじと樹来(じゅらい)とミステリー』
『退職刑事』の逆で、元刑事が話す過去の未解決事件を
孫が解決するという短編集。
密室、幽霊、ダイイングメッセージ、交換殺人、双子、童謡殺人
と、本格ミステリど真ん中のテーマを扱っているのが楽しい。
トリックもなかなか凝っていました。
樹来くんの少年ぽい可愛さがもっと描写されていたらなと思いました。
(個人的な好みw)




にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント 2件

コメントはまだありません
ぢょん でんばあ  
ご紹介ありがとうございます

こんにちは~。

きょうこ様のご紹介で、まったく知らなかったこの作家さんに興味がわき、地元の図書館で見つけた2冊「螺旋の底」「殺意の構図」を読みました。

面白かったです!

こりゃ買って読まなきゃダメだなと思い、今回の2冊も密林で発注。

いつも、私の狭い視野には入っていない本を紹介していただき、ありがとうございます。

2017/11/27 (Mon) 10:27 | 編集 | 返信 |   
きょうこ  
Re: ご紹介ありがとうございます

ぢょん でんばあ さま

気に入っていただけて嬉しいです!

私はそろそろ読み尽くしまうので、次作を首を長くして待つことになりそうです(^^ゞ

2017/11/27 (Mon) 22:02 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ