舞台 『百鬼オペラ 羅生門』

らしょうもん


9/25『百鬼オペラ 羅生門』@シアターコクーン
東京楽に行ってきました。
満島ひかりさんが見たくて。

美術が独特の雰囲気を醸し出していて、
音楽・ダンスも見事。
シャム双生児のハーモニーが美しい。
ただ俳優さんの歌(お上手なんですが)はしっくりこなかったかな。

舞台に四角い穴が空いて出演者が出入りする演出は
とても面白かったです。

魅力的な舞台だったんですが、
席が後方だったせいもあって入り込めなかったです。
(後ろでも、世田谷パブリックシアターとは違って見やすかった)

舞台美術は、ちょっと有元利夫の絵を連想しました。

ありもと


演出家のインバル・ピントさんの描いた絵の入ったグッズが
たくさん売られていました。
ヒエロニムス・ボス+ウィリアム・ブレイクみたいな感じ?

ロビーで柄本明さん発見。
息子さんたちが活躍されていて嬉しいだろうなあ。





にほんブログ村


観劇 ブログランキングへ



スポンサーサイト

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ