FC2ブログ

月村了衛 『機龍警察 狼眼殺手』

ろうがん


(ネタバレです)


電子書籍で購入。

シリーズ第5作。
龍機兵のアクションシーンがない。
なのに読ませる。
読みどころがいっぱいでとにかく面白いです!

日中合同プロジェクトに絡む一大疑獄。
連続殺人。殺人予告の意味。
警察内の敵の存在。

特捜部、捜査一課、捜査二課、組対、公安、
国税、地検が入り乱れての捜査。
政治家の関与。
息詰まるような心理戦になかなか頭がついていかない(^-^;

新しいキャラ「数字の声を聞く」仁礼草介も魅力的だし、
城木がどうなるのか気になって仕方ない。
(財務捜査官といえば、ドラマの雨宮瑠璃子シリーズも結構好きです)
沖津の内面も少し語られ始めたかな。
ユーリの出番がやや少なめ。

今回もライザと緑の話がメインでした。
ライザに救いはあるのか、と思っていたけど、
それが警察官としてのアイデンティティーだったとは!

ここに至って、やっとこのシリーズが警察小説なんだと悟る。
どんどん悪化していく世界情勢の中で、
希望を捨てずに仕事を全うすることの難しさ。
それでもこのシリーズにどこか明るさを感じるのは、
『車窓』の精神が根底にあるからなのかな。



にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ