FC2ブログ

宇佐美まこと 『入らずの森』

いらず


『愚者の毒』に続いて宇佐美まこと作品。

上手い作家さんだし、面白く読んだんだけど、
まったく怖くないし、展開も意外性がないかな。
いくつかのエピソードがつながっていくところは良かった。

杏奈と祥吾以外の少年少女の描写がもっとあってもいい。

エピソードがあまりにもお約束過ぎてつまらない。

こういう人の負の感情を糧とする存在って、
子どものころ読んだSFにあったよな~
と思って検索したらありました!
『見えない生物バイトン』です。
人には見えないけれど、同じ地球上にいる存在、
というのがすごく印象的でした。




にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ