2017_03
31
(Fri)12:12

男子SPは祭り! (※追記あり)

じぇいびー



男子SPは楽しかった!
祭りでした(*´▽`*)

コリヤダ君のガッツ溢れる演技、
そしてボーヤンの会心の勢いがあって楽しい演技
(100点くれよ~と叫びました)、
テン君のステップはやはり格が違うな、
と思ったんだけど本田君の解説に???
ビシェンコさんのベテランの味も好きだなあ。

おーじゃは相変わらずの垂直エッジであの高得点(ーー゛)
しょーまは音楽と一体化してた。素晴らしい!
ナンデスくんは貫禄と安定感はありましたが、
踊れるタイプだとは思わないので点は出過ぎかな?

Pチャンのスケーティングはもう世界の宝ですね。
心を癒してくれる演技。
そして今回一番カッコよかったのはJB!
Pチャン~JBと夢のような流れで、
幸せな気分になりました。


(追記)
地上波では映りませんでしたが、ケヴィンもいい演技だったんですね!
ずっと4回転にこだわり続けてきたケヴィンの復活が嬉しいです。


Kevin Reynolds SP 2017





ペアも凄かったようです。
スイハン優勝おめでとう!


Wenjing Sui | Cong Han FS 2017





にほんブログ村



スポンサーサイト
2017_03
30
(Thu)12:23

ワールド始まりましたね

ぽごちゃん3



ワールド女子SP、フジテレビのLIVE詐欺にイライラし、
三原さんのフィニッシュで落ち込んでしまい…

その後も一応だらだらと見ていました。
オズモンドやデールマンは綺麗にまとめたな、
とは思うけど惹きつけられず。

本郷さんはよく頑張りましたね。

個人的にはポゴちゃんが一番良かったです
すべてが美しい!
これぞ大人の表現力♥
大ちゃん言うところの「色気」ですよね。
(あの編曲だけはちょっと残念なんですが)

順位は各国の勢力争いなんでしょうけど、
日本スケ連は女子に関してはやる気がなさそう。

皆ステップを深く丁寧にやろうとするせいか、
華やかで迫力あるステップがなくなっていて、とても残念。
(それもこれも、ジャッジの動体視力に合わせたせい!(-_-;))



Anna Pogorilaya SP 2017






ペアは動画で観ましたが、スイハン凄い!


Wenjing Sui | Cong Han SP 2017



スイちゃんがツイストの時にタノのように片手を上げるのは、
何か技としての名前はあるのかしら?
兵馬俑のEXの頃からすると、
ずいぶん大人になり、洗練されたなあ。

それにしてもデュハラド7位、ストクリ13位って
凄い試合ですなあ(◎_◎;)




にほんブログ村



2017_03
27
(Mon)11:07

コリン・デクスター氏死去

20170327105323530.jpg
『謎まで三マイル』『別館三号室の男』が行方不明だ(-_-;)


3/21に作家コリン・デクスター氏が亡くなったそうだ。
またひとりミステリ界の重鎮が逝ってしまい寂しい限り。

「モース警部シリーズ」はやはり初期の
『ウッドストック行最終バス』、『キドリントンから消えた娘』が
面白いと思うが、モースのあーでもないこーでもない推理が楽しく、
ラストはよく覚えていないという…
シリーズ途中からはポケミスで新刊が出るたびに楽しみに読んでいた。
モースがあれだけひた隠しにしていたファースト・ネームが
「エンデバー」とわかった時も、「スペース・シャトル?」としか
思わなかった私は歴史オンチです(^^;)
作品中でモースが亡くなった時には涙したものだった。

原作のルイスが大好きなので、ドラマにはちょっと違和感があったけど、
観ているうちに馴染んできた。

これだけイギリス国民に愛されて、
コリン・デクスター氏も作家冥利に尽きるのではないだろうか。



同じくポケミスで新刊を楽しみにしていた
「ダルジール警視シリーズ」(『完璧な絵画』が一番好き)
の作者レジナルド・ヒルも 2012年に、

「アダム・ダルグリッシュ警視シリーズ」
(『策謀と欲望』で面白さに目覚め、ハマった)
の作者P・D・ジェイムズは2014年に
亡くなっている。



少し前だが「87分署シリーズ」のエド・マクベインも
2005年に亡くなったんだったなあ。
上手いとしか言いようがない作家でした。



皆さん年齢を重ねても質の高い作品を書き続けていたのが凄い。


ご冥福をお祈り致します。




にほんブログ村



書評・レビュー ブログランキングへ



2017_03
23
(Thu)14:09

『空飛ぶタイヤ』

そらとぶ



楽しみに観ていたドラマ『カルテット』が終わってしまった(´;ω;`)
最終回もとても良かったです。
これからまた繰り返し観てしまいそう。



地上波ではあと『バイプレイヤーズ』だけですが、
amazonプライムで次々視聴中で、寝不足気味(^^;)

『空飛ぶタイヤ』
『アリアドネの弾丸』
『翳りゆく夏』
『ヒトリシズカ』
『地の塩』
『まほろ駅前番外地』
『宇宙の仕事』

…と観てきました。

どれも面白かったけど、
『空飛ぶタイヤ』は特に良かった。
仲村トオルが好きなのもあるけれど、
俳優さんたちの演技といい、脚本といい、演出といい
素晴らしいと思います。
苦境に陥った主人公が、
最後には問題を解決するということはわかっているんだけど、
ハラハラしたり、ほっとしたり、
「よしっ!」と思ったりしながら観てました。

WOWOWのドラマはなかなか力作が多いみたいです。


テレ東の深夜ドラマも面白そうなものがあれこれ。
『まほろ駅前番外地』も楽しかった。
松田龍平演じる行天が、『カルテット』の別府くんとは
間逆なキャラなのが可笑しい。


2017_03
21
(Tue)11:07

絶句…

宮原知子選手、世界選手権欠場のニュースに絶句…
本人ももちろん辛いだろうし、
出場する選手にもプレッシャーがかかるだろうし…

怪我対策、何とかならないんでしょうか?
10代から身体を酷使しすぎなんて。
そんな中、副怪鳥さまはのんきに日常を呟いてらっしゃったそうで、
スケ連には期待できないのかなあ。




じゅにあ

世界ジュニアではみんな頑張りました!
表彰台3人がノーミスって凄い。

まりんちゃんもマスコミの扱いがあんなじゃなければなあ…

ザギトワのFS、見せ場がいっぱいで惹きこまれました。
せっかくポジションが綺麗なのだから、もう少しキープして~
と思うんだけど、点を取るためには仕方ないのかな。
ジャンプ固め打ちも見応えがある。

ただ、そのあと花織ちゃんの演技を観たら、
スケートがきれいに伸びて、ジャンプも高くて
「あ~、わたしの好きなスケートはこれだ!」
とつくづく思いました。
神戸組はこれからもっともっと伸びそう。

白岩ちゃん、SPはキュートでとても良かったけど、
FSは腰をかばってちょっとスピードがなかった印象。
にしても、点はもっと出てもいいはず!





にほんブログ村


2017_03
16
(Thu)10:16

舞台 『白蟻の巣』

しろあり


3/15、舞台『白蟻の巣』@新国立劇場小劇場の
昼公演に行ってきました。

前半やや退屈に感じましたが、
後半になってやっと盛り上がる。
平田満さん、半海一晃さんの演技はさすがでした。
半海さん、魅力的だなあ。

啓子の台詞回しがやたらと早口でヒステリックで、
若妻の必死さというより、ただ身勝手な印象だった。
最後に女主人ぶるところは良かった。

百島にはもっと野性味が欲しかった。
亜蘭けいさん、上手いんだけど、
退廃さというか人生に倦んだ感じが今ひとつ。

時代背景とかをよく知って観たら良かったのかも。
むしろ映画で観たいと思った。




にほんブログ村



観劇 ブログランキングへ



2017_03
14
(Tue)08:39

ドラマ 『スニーキー・ピート』

すにーきー


Amazonプライムビデオで視聴。全10話。

『ブレイキング・バッド』のブライアン・クランストン制作のドラマ。
これ超面白いです!!!
おススメ。

1話目を観終わった時点では、まあまあかなという程度だったけど、
どんどん加速度的に面白くなってくる。

詐欺師のマリウスが他人になりすまして
その男“ピート”の家に入り込む。
ギャングに狙われており、人質になっている弟を助けるためにお金が必要、
その家族から盗もうとするが、その家族もお金をだまし取られている。
偽の家族とも気持ちが通じてきて、そちらも助けたい。
仲間の敵であるギャングに復讐もしたい…
と、話がやたらと錯綜してきて、どうなるのーとなったけど、
見事なラストでした。

ちなみに、スニーキーピートというのはビリヤードのキューの名前で
下手なふりしてギャンブルで稼ぐ所謂ハスラーの為のキューとして発祥したとのこと。
なるほど、なるほど。

早くシーズン2が観たい!

キャストが皆個性的で演技が上手い!
一癖も二癖もありそうな人たちばかりで目が離せません。
ブレイキング・バッドはシーズン2までくらいしか観てないせいか、
ヴィンスがブライアン・クランストンだと気づかなかった。
ばあちゃん役のマーゴ・マーティンデイルは『8月の家族たち』の
演技が印象に残ってる人。


詐欺師つながりで思ったんですけど、
草彅君もこんな脚本のドラマに出て欲しいなあ。

『嘘の戦争』はもう観てないんですが、
『カルテット』はめっちゃ面白いです!


2017_03
13
(Mon)12:28

宇野昌磨君、優勝おめでとう!

くーぷ


しょうま君、クープ・ド・プランタン優勝おめでとう!

SPではガッツポーズ出ましたね(*´▽`*)

4Fと4Tは力みがなくて自然で美しい。
ステップもスピンも見応えがあります。

個人的には点数は気にしていないし、
妥当なのかどうかはよくわかりませんが、
これまで特定選手だけがインフレしすぎているわけで、
歴代の演技を考えれば
300点超えても当然なのかな、と思います。


しょうま君、くれぐれも身体に気をつけて
これからも精進して下さい。
応援しています!




20170310 Coupe du Printemps - Shoma Uno SP




20170312 Coupe du Printemps - Shoma Uno FS
(途中動画が途切れています)






にほんブログ村





2017_03
09
(Thu)14:26

ショパン 1月号

深刻な真央砂漠の中、
音楽誌「ショパン」1月号に真央ちゃんの特集が載っていると聞き、
ポチッとしてみました。

特集は10ページ。
1ページ大の写真4枚、小さい写真1枚。

クラシックのことは全く分からない私ですが、
真央ちゃんが滑った曲だけは耳に残る。

真央ちゃんにはピアノ曲が本当に似合うなあと
つくづく思います(*^^*)



20170309134725355.jpg

20170309134659ffc.jpg

2017030913463936b.jpg





にほんブログ村



2017_03
07
(Tue)15:28

映画 『駆込み女と駆出し男』

かけこみ

amazonプライムビデオで視聴。


これはとても面白かった。
感動しました!

初めは「日本の映画ってボソボソ早口で聞き取りにくい!」と
テンション低めで観ていたのですが、だんだん慣れて、グイグイ惹きこまれました。

戸田恵梨香と満島ひかりの絆が良かった。
法秀尼役の陽月華、美しくてキュートでした。

大泉洋なので、完全なコメディーかと思ったのですが
そこは抑え気味で、でも笑える。

音尾琢磨演じるチンピラが「生まれ変わったら弟子にしてくれ!」と言うのが
可笑しかったです。

おみつとおせんの姉妹の話、アジ売りがおみつさんとわかった瞬間号泣しました。

武田真治はDV男の役が上手すぎる。
二年で改心するなんてあり得ないよ~と思いながら見てた。


東慶寺には一度行ったことがあります。
花の寺といわれるように美しいお寺でした。

そして東慶寺と言えば、何といっても山田風太郎『柳生忍法帖』。
映画にも堀一族の話が出てきて、
柏屋源兵衛は堀一族の子孫であるというところで「おーっ」となった。
『柳生忍法帖』は仇討ちの話だけど、
この映画では、「悪い男たちを女性が成敗する」というのを敢えて描かず、
ひとりの人間として成長するところに焦点を合わせているのかな、と思いました。
東慶寺の下男たちの腰に鈴がついているシーン、
「十兵衛様は、あれを鳴らさずに動けるんだよね」とか
関係ないことを考えたり(^^ゞ


滝沢馬琴も、風太郎『八犬傳』のイメージがあり、山崎努はぴったり。
成長していくじょごがお路に通じます。
『八犬傳』はラストで号泣したなあ。


山田風太郎作品には鳥居燿蔵も出てきますね。
(「東京南町奉行」とか『忍者黒白草紙』)

鳥居燿蔵役の北村有起哉が『ちかえもん』では竹本義太夫だったよな~
というのもちょっと面白かった。