2016_05
30
(Mon)14:51

偏愛する作家たち その9 山田風太郎

やまふう



「偏愛する作家たち」の最後の一人は
山田風太郎です。

(今後は「番外編」として好きな本について書く予定)
 

風太郎は大好きだけどメジャーな作家なので、
取り上げるまでもないかな、とも思いましたが、
自分の記録として。
自分の中で風太郎を超える作家は当分出てこないだろうなあ、
と思うので。

と言っても、
今さら私が特に書くこともないので、
題名を挙げるだけになりそうです。


初めて読んだ山田風太郎作品は『警視庁草紙』。
面白くてぶっ飛びました。
こんなに面白い長編小説は初めて読んだ、と思った。
何という語りの上手さ!
歴史上の人物や事件を交差させる手法にワクワクさせられました。

そこから山田風太郎明治小説全集を読破。

『地の果ての獄』『明治十手架』『幻燈辻馬車』は、
哀切なラストに号泣。
『明治断頭台』のミステリとしての凄さにのけぞる。


そして忍法帖。
どれも面白いけど、特に好きなのは、

『くノ一忍法帖』、『柳生忍法帖』、『魔界転生』 、
『信玄忍法帖』 、『風来忍法帖』、『忍者月影抄』 、
『忍法八犬伝』 、『忍びの卍』 、
『外道忍法帖』(壮大なFinishing Stroke)
『忍法創世記』(牢姫萌え)
あたりですかね~
くノ一、柳生、風来は何度読んでも泣く。



現代物で好きなのは、

『誰にもできる殺人』、『棺の中の悦楽』
『夜よりほかに聴くものもなし』
『眼中の悪魔』、『厨子家の悪霊』
あたり。
『天誅』はバカミスの傑作。


幕末ものの
『魔群の通過』、『修羅維新牢』
はやや異色。でも引き込まれる。


時代物では
風太郎作品の中で、
文学的には一番の傑作かもしれない『八犬傳』。
『妖異金瓶梅』も素晴らしい。


基本「物語」が読みたいタチなので、
エッセイや日記はあまり読んでいないのですが、

『人間臨終図巻』
『秀吉はいつ知ったか』
『風山房風呂焚き唄』
は面白かった。


漫画『バジリスク 〜甲賀忍法帖〜』は良かったけれど、
『Y十M 〜柳生忍法帖〜』はイマイチだったかなあ。
今から『十〜忍法魔界転生〜』は読んでみようと思います。




にほんブログ村



書評・レビュー ブログランキングへ


スポンサーサイト
2016_05
27
(Fri)13:38

映画 『キラー・スナイパー』

キラージョー


DVDで鑑賞。
『BUG』と同じく、トレイシー・レッツ×ウィリアム・フリードキン作品。

これは傑作!!!
なのに、劇場未公開で、レンタルでしか観られないとのこと。
勿体無い。

そもそも邦題が間違っていて、
スナイパーは出てこないし、アクション映画でもありません。
(現代は、"Killer Joe")

『BUG』と同じく、ブラック・コメディかな。
パルプ・ノワール的な匂いもします。
『BUG』は舞台で観た方がいいかも、と思ったのですが、
こっちは映画が素晴らしい。
フリードキン監督、恐るべし。

登場人物に誰一人感情移入できない。
下司、鬼畜、変態てんこ盛り。
なのに、観た後妙な爽快感があるのです。

一見受け身で暴力は振るわないけれど、
父親が一番下司かもしれないなあ…



2016_05
26
(Thu)09:51

映画 『BUG バグ』

BUG.jpg


DVDで視聴。

『8月の家族たち』のトレイシー・レッツの原作、
ウィリアム・フリードキンが監督ということで、
興味があって借りてみました。

フォリ・ア・ドゥ folie à deux (感応精神病)の話、
と言っちゃうと身も蓋もないけど、
面白かったです。

妄想と思わせて実は…という結末かな?
と思ったけどそれはなくて、
わりとストレートな展開。

これ、舞台で観たら、
もっとブラックな笑いが際立つのかな、と思った。

アメアイの審査員だったハリー・コニック・Jr.の
DV男ぶりがけっこうハマっていました。

フリードキン監督へのインタビューも面白かった。


2016_05
25
(Wed)09:30

月村了衛 機龍警察シリーズ

きりゅう


気にはなっていたんですが、
やっと読んでみた『機龍警察』。

何これ、超面白い!!!

一気に、
『機龍警察』
『機龍警察 自爆条項』
『機龍警察 暗黒市場』
『機龍警察 未亡旅団』
と、憑かれたように読んでしまいました。

アクションあり、頭脳戦あり、人間ドラマありと、
贅沢な読書でございました。
パトレイバーのイメージがあるので、
話に入りやすかったのかも。

あとがきを読んでみると、
作者は大学時代に山田風太郎に一家言あることを認められ、
山田邸を訪れてインタヴューしたことがあるとのこと。
紛れもなく風太郎の血脈ですなあ。

どの作品も、いきなりの惨劇から始まるのですが、
これって『柳生忍法帖』を思い出すんですよね。

1作目の『機龍警察』は序章という雰囲気ですが、
2作目の『機龍警察 自爆条項』でスケールアップ。
IRFのテロリストだったライザ・ラードナーの
過酷な過去と孤独。
ラストシーンで号泣。
ライザは少しは「自由」になれたのだろうか?

『機龍警察 暗黒市場』はユーリの物語。
囮捜査ものって、読む時にすごく緊張してしまうので、
過去と現在のダブルの囮捜査は、読むのがハードでしたが、
それだけに最後のカタルシスが大きい。
ユーリは仲間への信頼や、愛された記憶を取り戻すことができた。

『機龍警察 未亡旅団』は由紀谷と城木の物語。
警察小説としての面白さもあり、曽我部、伊庭がいい味を出してる。
女性たちがテロリストになっていく過程が悲しい。
城木がどうなっていくのか、不穏な雰囲気が気になる。

今後沖津部長の過去も語られるのかな。

今から『機龍警察 火宅』も読む予定です。




にほんブログ村



書評・レビュー ブログランキングへ


2016_05
24
(Tue)11:04

レジンアクセサリー15

久々にレジン。
昼に作り始めて、気がつくと夜でした(^^ゞ
試行錯誤も実験のようで楽しい。
ただ失敗するとやり直しがきかないのが難ですね。

 

押し花と京都オパールフレークを使った指輪

レジン1   レジン6

 


色付きレジン液を使ったピアス2種
(つける向きは◇です)

レジン3

レジン2




京都オパールフレークを入れたピアス2種
(小さな三角の方は、つけると意外に可愛い)

レジン4

レジン5



友人たちとの集まりに持っていって全部配ってきたので、
自分用のもまた作ろう…



2016_05
15
(Sun)12:05

映画 『孫文の義士団』

孫文2


孫文


DVDで視聴。
すごく良い映画でした。
そして素晴らしいアクションシーン!

何とまあ豪華なキャストでございましょうか。
ポスターだとドニーさんが主役のようですが、
ストーリー的には、
ワン・シュエチーとレオン・カーフェイが中心かなあ。

後半は息をつく間もない怒涛のアクション。
ここではやはりドニーさんが凄まじいです。

義士団といっても、
人民のためとか国のためじゃなく
身近な誰かの為に戦っている人の方が多い。

でも命を落としてでも
仲間を行かせようとするシーンには
号泣してしまいました。

ニコラス・ツェーの純朴な若者役が
意外に似合っていました。
レオン・ライの鉄扇を使った華麗なアクションの
ニコバージョンも見たい気がする…
『新少林寺』の悪役も良かったし、
俳優として成長してるな~と、
元ファンとしては感慨深いです(^^ゞ

こういう映画を観ると、
風太郎の忍法帖を
香港で映画化してくれんかなあ、と思う。


2016_05
14
(Sat)22:53

『ビッグ・アイズ』

ビッグ・アイズ


DVDで視聴。

実話が元ということで、
ティム・バートン監督どうするのか?
と思って観ましたが、
意外に手堅くまとめてました。

夫役のクリストファー・ヴァルツのゲスっぷりが際立っていて、
いくらこの時代は女性の地位が低かったとはいえ、
マーガレットは何で言うなりになってたのか?
自分の意志で最初の夫の元から逃げ出した女性なのに。
マインドコントロールされていたとか、
共依存なのか、その辺はよくわからなかった。
名誉を回復したのも、宗教に入ってから、
というのがちょっとモヤモヤする。

堂々と自分の絵が描けるようになったのは良かったです。

でも正直この絵はあまり好きではないんですよね(-_-;)



2016_05
13
(Fri)09:07

ヘレン・マクロイ 『二人のウィリング』

二人のウィリング


精神科医ベイジル・ウィリング博士シリーズ。

ベイジル・ウィリングがこんなに前面に出るのって珍しい?
基本ベイジル・ウィリングって、名探偵としては地味ですよね。

発端は面白いし、
1950年頃の女性のファッションやインテリア、
食器などの描写は興味深い。

どうやって毒を盛ったか?というのが謎だったけれど、
共犯がいたというのは、やや肩すかしをくらった感じでした。




にほんブログ村



書評・レビュー ブログランキングへ


2016_05
12
(Thu)11:53

舞台 『8月の家族たち』

mainvisual.jpg


5/11、舞台『8月の家族たち』@シアターコクーン
昼公演に行ってきました。

しばらく前に映画で観たばかりだったので、
(記事はこちら→映画『8月の家族たち』)
行くのを迷っていましたが、
お得なチケットが手に入ったので。

会場には制服姿・私服姿の女子高生が多くてびっくり(◎_◎)
どうやら校外学習だったようですね。



休憩2回を挟んで3時間超えのお芝居でしたが、
全く飽きることなく、引き込まれて観ていました。

役者さんの演技も演出も素晴らしい!

家族全体の動きが見られるというのは舞台ならではでしたし、
映画ではなかった笑えるシーンが随所に。

前半のクライマックスである葬儀後の会食シーン、
テーブルと登場人物がゆっくり廻る演出が面白い。

ストーリーに関しては、映画の記事で書いたことと
感想は大きくは違いませんが、
この家族は皆不器用で、怒鳴り合うことでしか
気持ちを伝えられないのが悲しい。

映画より舞台の方が良かったかなと
個人的には思いました。





にほんブログ村



観劇 ブログランキングへ



2016_05
10
(Tue)13:55

偏愛する作家たち その8 赤江瀑

「一番好きな作家は?」、と問われたら、
赤江瀑か山田風太郎かで迷うところです。

Wikipediaはこちら↓
赤江瀑 - Wikipedia

公式ホームページもできているようです。
赤江瀑 虚空の扉

著作リストを見ると、
単行本未収録の短編がいくつかあるよう。
何と勿体無い…


持っている本(並べ方は適当です(^^ゞ)

2016051011550110e.jpg


その中で好きな装丁のものと、
『幻想文学』の赤江瀑特集号。

2016051011533792e.jpg



ストーリーを追うことが殆どだった私が、
初めて、「文体に酔う」という経験をしたのは
赤江瀑を読んだ時でした。

独自の「美学」に裏打ちされた、絢爛たる作品群。

谷崎、三島、中井英夫の流れ、と言われるように、
耽美小説的な面もあり、ミステリ要素もありますが、
短編ひとつひとつの内容がとにかく凄まじく濃い。

皆川博子が、
「私はすでに、赤江瀑の阿片に侵された者である」
と書いているのが、赤江ファンの心理そのものだと思います。

皆川さんは、赤江氏が亡くなった時に
追悼文も書かれています。



飛び続ける想像力の矢

あまりに急な訃報で、整然とした追悼文を記す心のゆとりが、私には、ない。赤江瀑さんが、今月8日、79歳で亡くなられた。いつも〈赤江瀑の新作〉を待っていた。先に長く続くと思っていた道が、突然、断ち切られ、断崖になった。そんな気持ちだ。

虚空に、一矢を放つ。その空間が小説なのだと、赤江さんはかつて、泉鏡花の言葉をエッセイに記しておられた。鏡花はさらに嘆じる。「矢を手に持って、地に足をすりつけ、的まで運ぶ小説ばかりだ」と。明治大正の文壇は、自然主義が圧倒的に主流をなしていた。議論は苦手な鏡花が、痛々しいほどに激しく、想像力の飛翔こそ、小説だと主張したのである。赤江さんがデビューされたころ、小説界はまさに鏡花の嘆きに通底する状況だった。リアリズムでなければ通用しなかった。赤江さんは、ただ一人、虚空に華麗な矢を放った。

赤江瀑の短編が発表されるごとに「一つの事件になる」と表現したのは、唐十郎氏だったと思う。1970年、短編「ニジンスキーの手」が小説現代新人賞を受賞、その後、たてつづけに「獣林寺妖変」「禽獣の門」「殺し蜜狂い蜜」が掲載された。いずれも、短編といっても百枚前後の力作である。美という魔に憑かれたものたちを、赤江瀑は顕然させる。リアリズム以外は理解できない、という者は、赤江瀑の魔に気づかず通り過ぎる。しかし、意識するしないにかかわらず、同じ波長を感性に持つ者は、鷲づかみにされる。取り憑かれる、と言ってもいい。

赤江瀑を透して向こうを見ると、外界が歪むのである。そうして、歪んだ情景が心地よくなる。そこに身を添わせていたくなる。石灯籠は灯が入ると「優雅で、凛々(りり)しい気品にみちた、雄渾(ゆうこん)な」姿に一変する。熱帯魚の飼育槽が、アマゾン流域の原始林に変貌する。屏風(びょうぶ)の縁にとまった儚(はかな)い蟋蟀(こおろぎ)が、ふっと、人を無の世界に迷い込ませる。

二百数十編の短編と十二編の長編小説を遺(のこ)した赤江瀑の作品群で、傑出した最高の作は、「海峡 この水の無明(むみょう)の真秀(まほ)ろば」であると、私は断じる。これは、エッセイだが、身辺雑記とはまったく質を異にする。ここに描かれる腐爛(ふらん)魚を解体する地下室。あるいは、流れる水が肉体を持つと感じる瞬間。水と肉体の交感。その描写、その感覚は、時を超え、世代を超え、未来のいつであろうと、古びることはない。

肉体は滅しても、赤江瀑が中空に放った矢は、新しい読者を誘い続ける。

(朝日新聞2012.6.26)




中井英夫が、
『虚無への供物』で氷沼紅司を「詩世紀」の同人に擬したのは、
赤江の詩に惹かれてのことだった、と記してたのにも驚いたものでした。
(赤江氏自身は否定されていますが…)

もし興味を持った方がいらっしゃいましたら、
電子書籍化されている作品もありますのでぜひ。
(『八雲が殺した』『正倉院の矢』など)




にほんブログ村



書評・レビュー ブログランキングへ