2015_12
31
(Thu)17:48

今年最後もやっぱり真央ちゃん

今年は、好きな作家のことを書いておこうと急に思い立ち、
マイナーな作家のことを書いていたら、
他の人にも知って欲しいという気持ちが強くなり、
ブログ村やブログランキングに参加してみることにしました。

そうしたら、
フィギュアスケート関連の記事を読んで下さる方が
思いのほかたくさんいらっしゃって、驚きました。

感情に任せて書いたような記事ですのに、
読んでいただき、本当にありがとうございます。


今年最後の動画も真央ちゃん。

全日本の舞台裏の番組の真央ちゃん関連部分。
(white-mimiさま、動画お借りいたします)


20151231 MA JFC 舞台裏 投稿者 MA2014


久美子先生の言葉に泣きました。
佐藤ご夫妻の、深い覚悟を感じます。
真央ちゃんの演技を見つめている、
ジュニアたちのキラキラした瞳にもまた涙。

来年も真央ちゃんを応援します。
(偏愛する作家シリーズももう少し続きます(^_^))


皆様どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。


スポンサーサイト
2015_12
30
(Wed)13:43

ネピアカレンダー ゲット!

毎年毎年欲しいと思っていたネピアカレンダー。
来年のがどうしても欲しくて、
ついにオークションに手を出してしまいました(-_-;)


20151230125744f88.jpg


清楚で美しい写真ばかり。
ネピアの真央愛はずっとブレませんね(^_^)


20151230125523678.jpg


20151230125543e76.jpg


20151230125607c14.jpg


20151230125638f69.jpg


20151230125706f75.jpg


20151230125723727.jpg




にほんブログ村



フィギュアスケート ブログランキングへ

2015_12
29
(Tue)14:06

絵になる男子たち

完全に個人的な好みで選んでおりますo(^▽^)o


しょうま7



けいじ



こづ2



村デー




おまけ(*^_^*)

しょうま4




にほんブログ村



フィギュアスケート ブログランキングへ

2015_12
28
(Mon)12:25

一夜明けて…

ちょうちょうまお



ちょうちょうまお3



まおきすくら2



昨日は真央ちゃんの演技が19時15分くらいから、
と聞いていたのに、
テレビをつけてみたらやはり録画!
18時から生放送したらいいじゃんヽ(`Д´)ノ

真央ちゃんが気になるのでテレビはつけたまま、
ネットで結果を追ってしまいました。
他の選手の演技は見ているような見ていないような状態で
やっと真央ちゃん!

最初2つのジャンプミスはあったけど、
その後が素晴らしい!
3Lzから涙ぐんでしまって、
終わった時はボロボロ泣いていました。

現地のファンの「GO MAO!」のバナーを見て泣き、
キスクラの久美子先生を見て安心して泣き…

ただただ美しかった…
もう点数とか順位とか関係のない、
違う次元の滑りでしたね。

3Lzも認定されたし、3連も決まったし、
やることはきちんとやる人だなあ。


知子ちゃんの安定した演技も良かったし、
白岩さんがシレっと3-3-2を飛んだのにも痺れました。


一夜明けて、新聞記事が急に優しくなったのは、
これ↓のせいですかね。

全日本フィギュア視聴率20・6% 瞬間最高は真央28・8%


四大陸にも出る、真央ちゃん、知子ちゃん、宇野くんは、
GPSからずっと連戦で大変だとは思うけど、
一方で和やかな良い試合になりそうな気はします(´∀`)



にほんブログ村



フィギュアスケート ブログランキングへ


2015_12
27
(Sun)23:13

美しい…













真央ちゃん、ただただ美しかった。
ボロ泣きです。

感想とお返事は明日書きますm(_ _)m

2015_12
27
(Sun)11:02

女子SP、男子FS (追記あり)

※すみません、途中でUPしてしまいました。追記あります。

昨日は真央ちゃんの結果を先に知って、
真央ちゃんのところまで見て、
テレビを消してしまいました。

真央ちゃん、悪くない演技ですよね。
流れるような滑りは、
やはりジュニアの選手たちとはレベルが違うし。
6連の時に3Aも決まっていたのに…
もっと点が出てもいいのにな~

今日はもっと自信を持って滑れますように。

真央ちゃんの笑顔が見られないと、
他の選手の演技までが色褪せて見えてしまう…



今日になって、女子の一部と、男子の最終グループを
観ました。

知子ちゃんは勝負師の顔になってますね!
隙のない演技、素晴らしい。

ジュニアでは白岩さんが好きだなあ。

本郷さんは今回はちょっとダイナミックさに欠けたかな?


男子FSで一番いいなと思ったのは
田中刑事くんの「椿姫」。
もともと華のある選手ですが、
それがさらに洗練されて、素敵なプログラム!

無良くんも良かった。
3A抜け対策をちゃんとやってきたことに感激。
今回総合的には無良くんが1位だと思う。

宇野くん、やはり滑りは良い。
4Tが抜けたので、
最後のジャンプで4Tを飛ぼうとしたという…
大物ですな(´∀`)

小塚くんは、靴紐がアンラッキー。
ルールとはいえ、もうちょっと融通が利かないものか。
ジャンプはミスがあったけど、
ディープエッジを堪能させてもらいました。

村上くんは衝突で膝を痛めていたとのことで
不本意な演技に。
悔しいだろうなあ(/_;)

衝突、危ないですね(`_´)

てんとう



にほんブログ村



フィギュアスケート ブログランキングへ


2015_12
25
(Fri)23:35

個人的な覚え書き

全日本フィギュア、男子SP。
テレビを途中でつけたら、LIVEでやっていて焦った(^^;)


無良くん、素晴らしかった!
前に、ステップがこなせてないとか書いてごめん。
しっかり自分のものにしてました。
きっとチャーリーも喜んでるよ~

宇野くん、まとめた感じだったけど良かった。
インタビューにも冷静に答えてた。

村上くん、情感あふれる演技。
スケーティングがどんどん滑らかになってるなあ。

小塚くん、ステップ良かった。


それにしても、ラッピングしない花束?を投げ込むなんて
酷いなあ。
客層が違ってきてるのかな?

2015_12
25
(Fri)15:30

「ベストなクリスマスに」

まおれんしゅう


真央ちゃんはSPの構成を変えるようですね。
変更後も充分過ぎるほど高い構成だし、
これでリラックスして滑れることと思います。
明日はしっかり応援します!


記事もたくさん出ているようですが、
↓この記事は好感度が高い!

真央 体調OK!SPの難易度落として巻き返す「ベストなクリスマスに」(デイリースポーツ)

 「フィギュアスケート・全日本選手権」(25日開幕・札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナ)

 24日は非公式練習が行われ、胃腸炎により、GPファイナルのエキシビションを欠場した女子の浅田真央(25)=中京大=は得意のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決め、不安を一掃。SPの難易度を落とし、完璧な演技で今年を締めくくることを誓った。

 胃腸炎を患ったGPファイナルから2週間。状態が懸念された真央だったが、切れ味鋭いトリプルアクセルで不安を吹き飛ばした。練習ではほぼミスなく成功。ファイナルから帰国後は、1日休んで練習を再開。「気持ちも調子も悪くない」と、笑顔も浮かんだ。

 GP復帰戦だった中国杯で優勝して以降は、NHK杯3位、GPファイナル6位と苦戦が続く。今大会はSPの構成を変更することを決定。連続3回転ジャンプを3回転-2回転に、苦手な3回転ルッツをループにする。

 佐藤信夫コーチによれば、GPファイナル後、真央の方から構成の変更を提案してきたという。佐藤コーチも「自分の理想を追いかけることだけがすべてじゃない」と助言し、変更を決定した。今季はここまで基礎点25・5点の世界最高難度の構成に挑戦してきたが、変更後は4・29点下がる21・21点。負担を軽減することで巻き返しのきっかけをつかむつもりだ。

 クリスマスウイークにちなみ「SPもフリーも完璧にできれば、ベストなクリスマスになる」と誓った真央。世界選手権切符も懸かる2年ぶりの全日本。最高の結果を、自分へのプレゼントにする。



GPFの時の胃腸炎のこと、これまでの構成が最高難度であることが、
ちゃんと書いてあるし、
GPFの試合結果についてネガティブな書き方をしていない。
佐藤コーチの言葉もある。

…当たり前といえば当たり前なんですが、
ポジティブな記事っていいものですね。


知子ちゃんもFSの構成を変えて、
冒頭3Lz-3Tで行くようですね!
2A-3Tが2回の構成よりもこっちの方が好きなので
ワクワクします。

みんな、頑張れ!



ネピア ブリングハートキャンペーンに応募しようと、
ネピアプレミアムソフトティシュを買ってきてもらったのに、
キャンペーン用応募シールがついていませんでした…( ノД`)シクシク…

また探しに行かなきゃ。




にほんブログ村



フィギュアスケート ブログランキングへ


2015_12
24
(Thu)13:13

偏愛する作家たち その5 ロバート・コーミア

決してハッピーエンドではないけれども、
鮮烈な印象を残す。
ロバート・コーミアはヤング・アダルト小説家として
知られているようですが、
小説の上手さ、ミステリ的な面白さもあり、
ジャンルにとらわれずに読んでほしい作家です。

作家についてはこちら↓

ロバート・コーミア - Wikipedia

ただこのWikipediaにあるような、
「厭世的」というのはちょっと違っていて、
『果てしなき反抗』のあとがきにあるように
「リアリスト」なんだと思う。
ほろ苦い結末ではあっても、
しっかりとそれを見守る作家の暖かい目があり、
どこか「希望」を感じる。

一部のアメリカの青春映画から感じる、
「透明な悲しみ」がある。

20151224120541fcd.jpg

『ぼくの心の闇の声』は
表紙の絵が好きではないので載せていませんが、
作品はとても良くて、好きです。
『わたしたちの鳴らす鐘』は残念ながら未読。

小説の面白さとしては、
スティーブン・キングが絶賛したという『フェイド』が
おススメでしょうか。


作品リストを載せておきます。
8作品しか翻訳されていないのは惜しい!

【ロバート・コーミア 作品リスト】

•Now and At the Hour (1960)
•A Little Raw on Monday Mornings (1963)
•Take Me Where the Good Times Are (1965)
•「チョコレート・ウォー」 The Chocolate War (1974)
•I Am the Cheese (1977)
•「ぼくが死んだ朝」 After the First Death (1979)
•The Bumblebee Flies Anyway (1983)
•「果てしなき反抗」 Beyond the Chocolate War (1985)
•「フェイド」 Fade (1988)
•「わたしたちの鳴らす鐘」 Other Bells for Us to Ring (1990)
•We All Fall Down (1991)
•「ぼくの心の闇の声」 Tunes for Bears to Dance to (1992)
•「真夜中の電話」 In The Middle Of The Night (1995)
•「心やさしく」 Tenderness (1998)
•Heroes(1998)
•Frenchtown Summer(1999)
•The Rag and Bone Shop (2001)



にほんブログ村



書評・レビュー ブログランキングへ


2015_12
23
(Wed)11:34

真央ちゃんを利用するな!

今度は週刊朝日です。

「2位じゃダメ」と“絶頂”羽生結弦 “下り坂”浅田真央のカムバックは?

またまた、ツッコミどころしかないですね。

佐野稔と渡部絵美と「関係者」にちょっと取材して一丁上がり!みたいなw
(「関係者」が実在しているのか疑問ですけれど)

羽生くんを持ち上げたいんなら、それだけ書けばいい。
マスコミを使って、絶対(点数)王者をスターにしたいんでしょうから。

ただ真央ちゃんの名前を使うのは止めてくれないかな?

この記事でも真央ちゃんのことは最後の数行、
GPFの結果を受けてのことのみ。
女子最高難度に挑んでいる真央ちゃんが“下り坂”なんて
ふざけるにも程がある。
スケ連の意向を受けてのことなのか、単なる無知なのか。

真央ちゃんの人気が欲しいんだろうなというのが丸わかり。

あ、それからハンヤンは暴走してませんから。

最後に言い訳のように佐野稔の言葉。

「フィギュア選手は、人生を演じます。昨日まで生きてきた全てが演技に出る。浅田さんは1年間休養し、自分が最も愛するものが何かを自問自答して戻ってきた。トリプルアクセルも、トリプルルッツもいいし、まだ復帰のプロセスですよ」



これは、3Lzは認めますよ、ということですかね。

真央ちゃんと羽生くんの両方のファン、という方は
こういう記事を読んで、どう思われるんでしょうね?



にほんブログ村



フィギュアスケート ブログランキングへ