2015_08
23
(Sun)18:11

平石貴樹『松谷警部と三鷹の石』

淡々としてるけど、
きっちりとしたミステリー。

それほどキャラが立ってるわけでもなく、
意外性もさほど感じないけど、
会話部分はユーモアがあって楽しい。

弥生の秘めた恋心はわかるとして、
常に男性に依存してるところにイライラ。
堀越は人を殺すようなキャラだったっけ?

ややスカッとしないところがあった。

この作者の『だれもがポオを愛していた』
は読んだような、
読みこなせなかったような…




にほんブログ村




スポンサーサイト
2015_08
22
(Sat)10:49

早坂吝『RPGスクール』

これは面白かった!

RPGとかやったことはないけど、
充分楽しめました。

RPG部分の青春小説的?な
甘ったるい流れから、
ラヴァーズ探偵という
バカミス的展開、
そして苦い結末。

いろいろ変化球は投げてくるけど
本格ミステリに
生真面目に取り組んでいる姿勢が
けっこう好きです。




にほんブログ村




2015_08
19
(Wed)10:20

ジェフリー・バトルのこと その4 (※9/13 写真追加しました)

2008年に引退してから、
大学へ戻るのかな?などと
思ったりもしましたが、
プロスケーターとして、
振付師として大活躍の日々。
結婚!もして
私生活も充実してるようだし、
(元)ファンとして
とても嬉しいです。



ジェフの振り付けで好きなプロ。

最近見た中ではこれ。
織田君の『愛の夢』
もう、うっとり。
まさかの織田君ですよ?(*^_^*)


FaOI2015 Nobunari ODA 投稿者 hana02014



ジョシュア・ファリスくんのSPも良かった。
2015年、アメリカ国内選手権。
3Aからの流れがカッコイイ。





そして何と言っても
パトリック・チャン『エレジー』





羽生君のパリ散は、
本人の能力を引き出した
素晴らしいプロだと思う。

ただ2012年の
THE ICE愛知公演で見た時は
まだ形になっておらず、
「なんじゃこれ?」状態。
大阪公演の時には
大分出来上がっていて
「やるじゃん!」と思ったけど
最後のジェフへの水かけで興醒め。
加減を知らない子だな、と。
ショーを練習の場にするな、
とも思った。

あのランジ(「へ」)だって、
もともとジェフがやってたのに…

じぇふらんじ

ジェフのイナバウアーも美しいです。

じぇふいなばうあー

バラ1は
ジェフのステップで観てみたい
と思う。



今シーズンは

アダム・リッポンのFSの
ビートルズ・メドレーが楽しみ!
(パトリックのビートルズ・メドレーは
カメレンゴさんの振り付けのようですね)

無良君のFS「O」もとても良かったし。

他にも色々振り付けているようで
観る楽しみがいっぱいです(^O^)


2015_08
18
(Tue)10:50

ジェフリー・バトルのこと その3

ジェフの動画の中でよく観たもの

カッコイイ系はこれ
2005 CSOI Sunglasses at Night


このプロは2009のCOIでやってくれて
嬉しかったなあ。



ジェフらしい、静かで美しい系
2005 GFP EX アヴェ・マリア


2005年はまだ荒川さんのファンで
彼女が出ると思って
GPFのチケットを取ったら、
荒川さんは出られず、
お陰で?真央ちゃん優勝を
見られたことは幸せでした。
この時のゆかりさんの演技も
すごく良くて印象に残ってる。

ジェフも出てたんだけど、
あまり憶えていない(-_-;)
EXの日は観に行ってないけれど、
このアヴェ・マリアで
ファンがぐんと増えたらしいです。
解説のみどりさんが
「線が美しい」と
言って下さってます。



コラボ
2009 SOI バトル&ランビエール


これは会場で観ていて
音楽が流れて「何?」と思ったら
二人が登場!
大興奮、大絶叫で、楽しかった!

テレビ解説ゲストの檀れいさん、
「スイスの王子様とカナダの王子様」
とうまいことおっしゃってましたが、
ご自身は日本の「王子」と
結婚されましたね(^O^)


(※続きは未定です<(_ _)> )
2015_08
17
(Mon)11:31

ジェフリー・バトルのこと その2

2007年にジェフファンになってからは
遠征してでも、
THE ICEやJO&COI、SOIに
行くようになりました。

その殆どに真央ちゃんが出ていたので
今考えるとラッキーだったなと思います。

そして真央ちゃん、ジェフと言えば
THE ICEのペアプロ!
最初は
2008年のワールド・チャンピオン同士の
ペアということで、
正に姫と王子という雰囲気でしたが、
Unforgettable あたりから
ぐっと大人っぽい感じに。
会場でしきりに
「顔近過ぎ!」という声が
あがっていたのが懐かしい。

(2013年は観に行かなかったのですが)

今後も続けて欲しいなあ。

浅田真央&ジェフリー・バトル 2008~2013 THE ICE
 2008 True Love's Kiss
 2009 A Whole New World
 2010 Loin de Paname
 2011 A Whole New World
 2012 Unforgettable
 2013 Rock A Beatin' Boogie



浅田真央&ジェフリー・バトル 2014 THE ICE ボレロ



浅田真央&ジェフリー・バトル 2015 THE ICE Por una cabeza

2015-07-25 ザアイス・浅田真央・ジェフリーバトル... 投稿者 figyua22


◆◆◆オマケ◆◆◆

ジェフから話が離れますが、
2009年のこの姉妹プロを観て、
真央ちゃんがこういう曲でも踊れること、
動きのキレの良さにびっくりしたものです\(◎o◎)/!

浅田真央&浅田舞 2009 THE ICE LADY MARMALADE



(※その3に続きます(^-^))


2015_08
17
(Mon)08:36

誕生日おめでとう!

うちの猫はな(華)が、14才になりました。
(拾った日から逆算しての、推定の誕生日ですが)

2013年春に慢性腎不全が発覚してからは、
3回目の誕生日。
服薬、皮下補液と頑張ってくれています。
療法食は食べなくなっちゃったけど。

これからも、ずっと一緒にいようね。



↓大分前ですが、
一瞬だけ首輪をつけさせてくれた時の
お気に入りの写真です。





生後2ヶ月くらい、今は亡き弟と。
(同腹ですが、性格的に「姉弟」でした)

画像



2015_08
16
(Sun)10:50

麻見和史『石の繭 警視庁殺人分析班』

今日からドラマが放送されるらしいですね。

原作はなかなか面白かった!
(聖者の凶数より好きかも)

最後に伏線が一気に収束していくのがいい。

ただ、警察は最後まで犯人に翻弄されていて
そのわりに、この犯人、
最後の詰めが甘いという…

もっと頭脳戦の要素があるといいと思う。

ドラマは見てみたいけど、
それだけのためにWOWOWに
入るほどではないかな。



にほんブログ村




2015_08
15
(Sat)09:47

ジェフリー・バトルのこと その1

数年前まではかなり熱心な
ジェフリー・バトルファンだった私。
(もちろん今も
大好きなスケーターですが)

2007年のカナダ選手権を観てから、
一気にハマったのでした。

SPのアディオス・ノニーノ、
FSのアララト、好きで好きで
何度繰り返して観たことか。
脊椎の疲労骨折で苦しんだ後の
演技だっただけに、気迫も凄かったし、
何といってもステップの素晴らしさ!
(映画『アララトの聖母』も観た!)



このプログラムは次のシーズンに
持ち越し。

2008年ワールドでの演技は
クワドなしでのプログラムとしては
最高のものだと思う。





SPのアディオス・ノニーノは
まさに音楽と一体となったプログラム。
2007年の東京ワールドを生で観られて
本当に幸せでした。
(FSの方は残念な出来で…
でもランビエールのポエタを観られて
それはそれで良かったのですが。
あの時の最終グループ、とにかく
凄かった!)



こちらも持ち越しという形で、
2008年ワールドでも素晴らしい演技。

SP、FSともにミスなく、
2008年のワールド・チャンピオンに。
(真央ちゃんも同じ年優勝でした)



でもクワドなしということで
色々言われたり、
すでにPチャンがカナダチャンピオンに
なっていたのもあってか
結局2008年にアマチュアを引退。

プロになってからも鍛錬を怠らず、
2009年にTHE ICEで観たエクローグは
「幽玄」という言葉が思い浮かぶような
静謐で素晴らしいプロでした。



(*その2に続きます(^-^))


2015_08
14
(Fri)11:08

麻見和史『警視庁文書捜査官』

以前この作者の『聖者の凶数』を読んで、
面白かった気がするのと、
(老化による記憶力低下(^-^;))
いつも参考にさせてもらっているブログで
オススメされていたので
読んでみた。

これもなかなか面白かった。
文章心理学の応用というのも
目新しかったし、
話が錯綜しているのも好き。
「掃除屋」の正体も意外性があった。

主人公の女性捜査官が美人で
「小動物っぽい」というのが
何ともステレオタイプだなあ…

文書解読というと、
ドラマ『科捜研の女』の日野さん
とか
ジェフリー・ディーヴァーの
『悪魔の涙』(これは面白かった!)
を連想するけれども、
この作品には筆跡鑑定とかの
科学捜査的な要素はなかったです。
(そういうのも組み合わせて
シリーズ化して欲しい!)

「警視庁捜査一課十一係」シリーズの方は
ドラマ化されるらしいけど、
WOWOWなので見られないわ(T ^ T)

2015_08
12
(Wed)09:47

舞台『ウ-マン・イン・ブラック』

8/11『ウ-マン・イン・ブラック』@パルコ劇場
昼公演を観てきた。

英国ゴシックホラーで、
どれだけ怖いのかという興味と
岡田くんが2度目の舞台で、
二人芝居に挑むという
その心意気や良し!という思いで…

見終わって正直な所、
あまり怖くなかったです。
(でも終わった時に、「怖かった~」と
言ってる人はいた)
効果音と暗闇で怖がらせるのはズルいし、
結末も途中で読めてしまう。

劇中劇の設定は面白かった。

岡田くんは頑張っていたと思う。
何といっても立ち姿が良いし、
台詞もなかなか滑らか。
(ただ大事な所で噛んでしまったけど)

勝村さんはさすがの上手さ。

二人芝居と言っても、正確には
二人+α
黒衣の女を実際に見せるのはどうなの?
(女性のナレーションも?)
ひとりだけが見えているわけだから
そういう演出はできないんだろうか?
(そうすると最後のオチが弱くなるのかな)

観客は女を見た、ということになり、
小さい子供を持つ観客は後味が悪いかも。

子供を亡くした女性やドラブロウ夫人の話を
じっくり描いて欲しい気がする。
じゃないと亡霊といっても
ただの逆恨みじゃん、と思ってしまう。

個人的には、

実は若い役者はドラブロウ夫人と
血縁のある人物だった、とか
(横溝かよっw)

恐怖でだんだん精神を病んでいって、
黒衣の女性と同一化してしまう、とか
(ノーマン・ベイツかよっ)

Unreliable narrator 系とか

が希望でした。
(単なるわがままw)



ちなみに
これまで観た映画の中で
私が一番怖かったのは
『呪われたジェシカ』です。

『世にも怪奇な物語』の
「悪魔の首飾り」や
『リング』も怖いけど、
視覚的な怖さだからなあ。